西都市で探偵へ夫婦の不倫の相談を行い実態調査を依頼して解決できます

MENU

西都市で探偵事務所が不倫相談で調査の始動する順序と結果

不倫に関する調査を探偵事務所の無料で相談し要請し、調査内容を伝えて予算額を計算していただきます。

 

調査手順、査察内容かかった費用に同意できましたら、契約を実際に履行します。

 

契約を実際に結びまして調査が始まります。

 

不倫の調査は、通例2人1組でされることがございます。

 

ただし、要望に応じまして探偵の人数を増減することは可能です。

 

当事務所の不倫調査では、調査の合間に常に報告が入ってきます。

 

これにより調査は進捗度合いを理解することができますので、安心できますよ。

 

 

我が探偵事務所での調査の取り決めでは日数が規定で定めておりますため、日数分のリサーチが終えましたら、すべての調査内容と全結果内容を合わせたリサーチした結果報告書をお渡しします。

 

リサーチした結果報告書には、細かいリサーチした内容についてリポートされており、不倫調査中に撮影された写真等も同封されます。

 

不倫調査のち、訴訟を申し立てるケースでは、それらの不倫調査結果の中身や画像は大切な証明となります。

 

このような調査を我が事務所へ希望する目的は、このとても重要な不倫現場証拠を掴むことにあります。

 

万に一つでも、調査結果報告書の中身でご納得いただけない場合は、調査続行を申し出をする事が可能です。

 

ご依頼された調査結果報告書に承諾していただいて依頼契約が完了した場合、これにより依頼された不倫のリサーチはおしまいとなり、とても大切な不倫調査に関する資料も当探偵事務所が処分されます。

西都市で不倫調査は探偵事務所が決定的な証拠を審理に提出可能です

不倫調査なら、探偵事務所の事が想像されますね。

 

探偵というものは、人からの不倫調査のご依頼を受けまして、周辺の聞き込み、ターゲットの追跡や、見張りのいろいろな方法により、目標の住所や行動等の正確な情報を寄せ集めることを業務としています。

 

わが探偵事務所の仕事は多岐に渡っておりますが、特に多い仕事は不倫調査です。

 

やはり不倫調査は特別にあるのです。

 

機密性が高いとされる探偵業務は、不倫調査には絶妙といえます。

 

探偵の事務所に不倫の調査を依頼したら、プロならではの情報、技を駆使して、依頼人が求める情報や証拠を寄せ集めて提出します。

 

 

不倫の調査のような調査依頼は、昔まで興信所に依頼が当然だったが、興信所には結婚する相手の身元確認、雇用調査等が興信所にはほとんどであり、探偵のように隠れて行動するのではなく、目的の人物に対して興信所からのエージェントだと申します。

 

また、興信所のエージェントはあまり詳しく調べません。

 

知人へ情報を調べるだけの場合もあります。

 

ここ何年かの不倫の調査依頼では、ターゲットに気づかれないように、身辺調査をしてもらいたい依頼が沢山いるので、探偵の方が興信所よりもメリットはいますね。

 

探偵業へ関する法は昔は制定されていませんでしたが、危険な問題が多くみられたことから平成19年6月に探偵業を取り締まる法律が制定されました。

 

なので、所轄の都道府県公安委員会に届出を出さなければ探偵をすることができません。

 

それにより信用できる探偵業務がなされていますので、お客様には信頼して調査を申し出することが可能なのです。

 

ですので、何かあった時はまず最初に当探偵事務所に相談してみることをイチ押ししたいと思ってます。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

西都市で探偵事務所に不倫を調査する要請した時の金額はいくらかかる?

不倫調査においておすすめの探偵に対した要望とはいえ手に入れるために裏付等を脱毛に納得がいかなかった場合に、有益な分、かかる費用が高くなっていく動きがあります。

 

むろん、依頼頂く探偵事務所によって値段が異なってきますので、いろいろな探偵事務所があればその事務所ごとに料金は変わるでしょう。

 

不倫リサーチでの場合は、行動調査といって探偵員1人当たり調査料がかかります。人数が増えますと調査料金がばんばん高くなるのです。

 

相手の調査には、尾行と調査結果のみの「簡易調査」のほかに、予備の調査と探偵に必要な特別機材、証拠動画、報告書による「基本調査」と二種類あります。

 

行動を調査する手数料は、1hを単位と定められています。

 

取り決めした時間を過ぎても調査をする場合は、延長があらためて必要になります。

 

調査する人1名に分につき1h毎の費用がかかってしまいます。

 

 

さらに、乗り物を使用する場合、車両代金がかかります。

 

必要な日数×台数あたりの費用で設定しています。

 

車両のサイズによって必要な料金は変わってきます。

 

交通費やガソリン代、駐車料金等調査に必要な諸経費等必要になってきます。

 

尚、状況になってきますが調査に必要な特殊機材などを使うこともあり、それに必要な別途、料金がプラスされてきます。

 

特殊機材とは、暗視ビデオカメラや偽装カメラ、小さいカメラ、集音機、カメラと連動したモニター様々な機器がございます。

 

探偵では様々な特殊機材を用いた高い調査力であなたの問題を解決に導いていくことができるのです。