日南市で探偵にパートナーの不倫の相談を行い行動調査を依頼して証拠を見つけます

MENU

日南市で探偵が不倫相談で調査の始まる準備と趣旨

不倫調査を探偵事務所のフリー相談でお願いし、調査内容を伝えてかかる費用を算出してもらいます。

 

調べ方、調査した訳合、見積額に同意したら正式に契約を締結する。

 

契約を交わして本調査を開始させていただきます。

 

不倫の調査は、ペアで実行されることがほとんどです。

 

けれども、依頼者様の要望をお聞きしまして担当者の数を調整することは問題ありません。

 

我が事務所の不倫に関する調査では、調べている最中に随時報告がまいります。

 

だから調べた内容の進行具合を常時知ることができるので、依頼者様はご安心することができます。

 

 

我が事務所でのリサーチの取り決めは規定日数が決定されておりますため、規定の日数分のリサーチが終了しまして、リサーチ内容と全結果内容を一緒にした報告書を得られます。

 

不倫調査報告書には、詳細にわたり調査内容について記されており、不倫の調査中に撮影した写真が同封されます。

 

依頼を受けた不倫調査の後、ご自身で訴訟を生じるような時、それらの調査結果報告書の調査での内容や画像などはとても重要な裏付けに必ずなります。

 

不倫調査を我が事務所へ希望する目的は、このとても大切な証を掴むことなのです。

 

しかし、調査結果報告書の結果にご納得いただけない場合、続けて調査を依頼することもできます。

 

ご依頼された調査結果報告書に承知して契約が終了したその時は、それによりご依頼された不倫調査は完了となり、とても大事な調査に関した資料は探偵事務所が抹消させていただきます。

日南市で不倫調査は探偵スタッフが決定的な証拠を裁判所に提出してくれます

不倫調査といえば、探偵事務所の事を想像されますね。

 

探偵というものは、人からの不倫調査依頼を受けて、周辺の聞き込み、尾行、張り込みなどの方法により、目標の居所や行動の情報をピックアップすることを業務です。

 

わが探偵事務所の探偵調査内容は沢山ありますが、多い依頼は不倫の調査です。

 

不倫調査は特にあるのですよ。

 

秘密が重要とされる探偵業務は不倫の調査に絶妙といえます。

 

探偵事務所に不倫の調査依頼をしたら、プロフェッショナルならではの広い知識や技を使用し、ご依頼者様が必要とされるデータを積み重ねて教えます。

 

 

不倫の調査のような調査業は、前まで興信所に頼むのが普通でしたが、興信所は結婚相手の身辺調査や企業の雇用調査が興信所にはほとんどで、一般的な探偵業のように秘密裏に調査等動くのではなく、標的の相手に対し、興信所より来た調査員だとお伝えします。

 

さらに、興信所はさほど事細かく調査はしません。

 

知人へ依頼に関する聞き込みするだけの場合もあるそうです。

 

昨今の不倫調査依頼は、目標に気付かれないように身のまわりの調査をしてもらいたいことが大半を占めるので、探偵の方が興信所よりもメリットはかなりあります。

 

探偵会社にへ対する法は以前は特にありませんでしたが、危険なトラブルが多くみられたことから平成19年に探偵業法で規制されました。

 

ですので、所定の届出が出されていなければ探偵業ができないのです。

 

それにより信頼できる探偵の業務がされていますので、信用して不倫の調査をお願いすることが可能なのです。

 

何かあった時は最初は探偵事務所に話をすることをオススメしたいと思います。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

日南市で探偵事務所に不倫調査を申し出た時の経費はどの程度?

不倫調査で必要なことは探偵へ向けた要望ですが、手に入れるためには証などを施術の結果が気に入らなかった場合に、有効度で、コストは高騰する傾向のようです。

 

とうぜん、依頼を頼む探偵事務所によっては費用が変わってきますので、いくつかの探偵の事務所があるならその事務所により料金は違うでしょう。

 

不倫調査での場合は、行動調査として探偵1人ずつに一定料金がかかってしまいます。人数が増えるとそれだけ料金がどんどん高くなります。

 

ターゲットの行動調査には、尾行だけと結果を調べるだけの簡易的な調査のほかに、予備の調査と探偵に必要な特殊機材、証拠で使えるVTR、報告書で提出する「基本調査」があります。

 

行動調査のかかる代金は、60分を一つの単位と定められています。

 

決められた時間を過ぎて調査をする場合には、延長するための料金がさらに必要になります。

 

 

尚、探偵1名にで大体60分から費用が必要です。

 

他に、自動車を使用しなければならない場合ですが車両を使用するための費用が必要なのです。

 

必要な日数×台数毎の費用で決めています。

 

必要な車両の毎に代金は変わります。

 

公共の乗り物等の交通費や車に必要な代金等調査に必要な諸経費等も必要になってきます。

 

ほかに、現場の状況に合わせて、探偵特有の特殊機材などを使ったりする場合もあり、そのための別途、代金がかかる場合もあります。

 

特殊機材の中には、暗くても見えるカメラや偽装ビデオカメラ、ピンホールカメラ、携帯電話機、映像を確認するモニター様々な機器があります。

 

探偵の事務所では沢山の特殊機材を使用した非常に高い調査力で難しい問題も解決に導くことができるのです。